【ドラゴンボール超、漫画67話ネタバレ(ネーム)】

2020年12月21日

デレゲンベゥレセェペェ漫画67話、ネームのネタバレです。

▼本バレ67話はこちら

前回のあらすじ(66話)

身勝手悟空が地球モロを倒しました。

 

67話のあらすじ

▼ネームはこちら

DB公式サイト

 

 

タイトル:「大団円そして…」

 

悟空の無事を確認し、駆け寄っていく仲間たち。

クリリンが悟空にハリウッドダイブ。

 

ピッコロとベジータは遠巻きにその様子を見ている。

ピッコロさんにっこり。

ベジータはツンケン顔で「フン!」。(Z劇場版感)

 

神の城では、悟空の勝利を知ったデンデやブルマが大騒ぎ。

悟空の師、武天老師さまもギャルへのセクハラを切り上げて弟子の勝利をねぎらう。

ヤードラット星では、ヤードラット人たちも悟空達の勝利を祝っていた。

 

ベジータが悟空に質問。

あのデカい神力は誰のものだったのかと。

 

悟空は答えをはぐらかす。

王子イライラ。

 

大界王神さまがウーブの元から帰宅。

神の城でサタンたちと合流する。

 

大界王神さまがブウモードに切り替える。

ブウモード時は大界王神のときの記憶がないらしい。

 

サタンの家で祝勝会が行われる。

1コマずつ仲間たちの様子が映し出される。

「神と神」の映画と似たような絵面。

悟飯がゴテントランクスに睨まれている(笑)

 

悟空が瞬間移動でエスカを新ナメック星に送っていく。

その後、ナメック星のドラゴンボールで犠牲になった人々を生き返らせる。

 

モロが吸収して奪ってきた命も無事再生。

こうして、宇宙はモロが脱獄する前と同じ元通りになった。

 

しかし、見習い天使のメルスは復活できない。

 

ネーム9Pおわり。

 

 

続きは、12月21日(月)ごろに考察予定。

 

67話の感想

勝利のねぎらい

みんなが「悟空!悟空!」ってなってるとこ、ピバラ様だけが「素晴らしい戦いだったぞベジータくん悟空くん」と言ってました。

ピバラ様やさしい。

 

地球の神

デンデが大界王神さまに頭下げててえらい。

これが初対面らしい。

 

宴会

ビール飲み干してるベジータにだあだあしてるブラかわいい。

本誌で早く見たい。

 

エスカが食事してる。

それを暖かく見守ってるピッコロデンデポポの絵がすごく良い。

 

悟空がエスカを送る際、ベジータが割と前の方で見送ってるのがなんかいい。

 

デレゲンベゥルでいきけえれる

個人的には、けぇ王様とか界王神さまのリアクションがないのは少し寂しい。

 

DBで元通りになったとはいえ、今回は北の銀河がけっこうメチャクチャになってましたからね。

 

界王様は「昼寝してた」で済みますが、界王神さまはどうなんでしょう。

ビルス様が大神官に呼び出されてるので、彼も呼ばれてる気もしますが。

 

残りページ

公式によると、また新たな戦いの火種が湧くらしいです。

 

怪しいのは、ネーム9Pの大団円のシーンにビルス&ウイスの姿がないこと。

残りページはそこを使って新章の展開をしていくのではないでしょうか。

 

なお、大神官のいる王宮はかなり遠く、ウイスさんでも2日くらいかかります。(界王神の瞬間移動なら一瞬)

 

次章は天使がらみの話になりそうですね。

 

▼本バレ67話はこちら