【ドラゴンボール超、漫画64話ネタバレ】身勝手の極意を完成させた悟空さん、強すぎる

デレゲンベウルセーペー漫画64話のネタバレ感想です。

 

前回のあらすじ(63話)

メルスと73吸収モロが対決。

メルスが天使の力を開放、封印技でコピー水晶を破壊。

悟空に全てを託してメルス消滅。

64話のあらすじ

メルスの意思を引き継ぎいた悟空は、感情をコントロールして完成された身勝手の極意に覚醒。(見た目はジレン戦と同じ)

 

モロは銀髪悟空のただならぬ様子にビビり、後退りしてしまう。

 

焦ったモロが突撃してくるが、悟空はモロの攻撃を見もせずに全て回避。

体が勝手に判断して攻撃を避けている。

 

モロがフルパワーを開放。

猛スピードで突撃していくが、悟空の謎の技によって空中に静止させられてしまう。(ブロリー戦のやつ?)

 

ズッドンッ!

 

静止したモロに1ページ丸々使った悟空の腹パンアッパーカットが炸裂。

 

パァン!

 

悟空のアパカの衝撃は凄まじく、地球の裏側にまで衝圧が伝わっていく。

これにはさすがのビルスウイスもまぶたを閉じざるを得ない。

 

ビルス「…完璧だな。あの戦い方は神そのものだ」

 

アパカで吹っ飛んだモロが落ちてくる。

かなりボロボロになって勝ち目はなさそうだが、魔力を駆使して戦いを挑む。

 

モロは魔術で目眩ましをし、悟空の背後から襲いかかる。

しかし悟空の超反応ケリで吹き飛び、自分の魔術に焼かれてしまう。

 

「う…ぎゃああーーーっ」

 

勝ち目がなくなったモロは、地球のエネルギーを吸収しようとする。

ズドッ!

しかし悟空の超反応ゲリが腹に直撃。

 

ド派手に吹き飛んだモロは岩山に直撃する。(超サイヤ伝説)

そのまま瓦礫の下敷きになってしまう。

 

「…助けてくれ。 ころさ…ないで…くれ」

瓦礫から出る力もなくなったのか、モロが命乞いをはじめる。

 

悟空はモロが死刑囚だったことをジャコに確認。

「じゃあ、ここからは地球人としてあいつと闘わせてくれ」

 

銀河パトロールマークの入った道着を破り捨てる悟空。

ビルス「いやな予感がするぞ…(汗)」

 

煽り:地球の戦士としての闘いとは…!?

 

65話はこちら。

64話の感想

完成された身勝手さん、強すぎる

今回、「身勝手つえー」っていう描写はたくさんあるのですが、中でも一番やばいのは…

 

腹パンアパカで「ウイスさんのまぶたを閉じさせたこと」です。

 

ウイスさんが強さを示すリアクションの中では過去最大のものだと思います。

 

カカロットのやつ、いつもだ…

今回、身勝手悟空の戦闘をベジータも見てるんですが、彼のリアクションがないのがちと寂しいですね。

 

カカロットの異常な強さに震えるベジータが見たかったですよ私は。