【ドラゴンボール超:漫画59】身勝手悟空「瞬間移動なんか必要ねぇんだよ!」

2020年6月18日

Vジャンプ2020年6月号、漫画版ドラゴンボール超59話「発動!身勝手の極意”兆”」のあらすじ+感想です。

 

59話のあらすじ

煽り「☆これが悟空の修行の成果だ!!」

 

「お前ごときが神の力を使うとは予想外」…と、真剣な表情で悟空を見据えるモロ…。

お互いに「イクぞ、こい」な感じで割と正々堂々バトルスタート。

 

 

悟空は、身勝手の超スピードでモロの魔術を回避したりとか、

拳を素早く繰り出す風圧でモロを攻撃したりします(ジレンもやってた戸愚呂の指弾っぽいの)

 

肝心のエネルギー吸収への対策ですが…、超スピードで吸収範囲から逃れる事で対応したようです。

 

勝負はやや悟空が優勢。

 

しかし身勝手は体力の消耗が激しいという弱点があるため、悟空は勝負を急いでいます。

それを見抜いていたモロは、悟空の体力が落ちてきたのを見計らって、いっきにパワーを開放します。

 

悟飯「こ…この気は……!」

ピッコロ「なんと恐ろしくバカでかい気なんだ……!」

ジャコ「……!」

悟空「……!」

 

割とみんなびっくりしてます。

モロはたくさんの惑星を食らい付くし、大きくパワーアップしていたのです。

 

バトル再開。

 

悟空は襲いかかってくるモロの攻撃をさばくので手一杯。

一瞬のスキに背後から羽交い締めにされてしまいます。(ギニュー戦みたいな感じ)

 

モロと戦う身勝手兆しの悟空
「引用:Vジャンプ2020年6月号 ドラゴンボール超59話/とよたろう・集英社」

 

悟空はモロの魔術をモロに食らってしまい、身勝手が解除。

 

悟空ピンチか?

と、思われましたが、実は悟空も全力ではなかったことをバラします。

 

悟空は「体力を調整しながら戦うのは自分に向いてない」

と言い放ち、再び身勝手(兆)に変身してみせました。

 

モロ「まだ力が残っていたか…いいぞ面白くなってきた」

 

煽り「本気(フルパワー)の悟空…!!」

59話の感想

以下、感想と考察、展開予想などです。

 

身勝手の扱い

身勝手の極意は「スピードが特徴の技」という扱いになったようです。(天鎖斬月みたいな感じ?)

個人的には、シンプルな扱いになってよかったんじゃないかなと思います。

 

あとは、身勝手完全版よりも兆しの方が体力の消耗が激しい、的な扱いも界王拳っぽくてイイと思いました。

やはりリスクのあるパワーアップ技は燃えます。

 

モロのエネルギー吸収対策

「吸収範囲から逃れればOK」なのはちょっと予想外でした。

意外とシンプルだったんですね。

 

ちなみにブログ管理人の予想

身勝手は神力を帯びてるから吸収は通用しない(笑)

 

悟空は、モロが吸収動作を見せたら、超スピードで背後に裏回って妨害…

って感じで対応してましたね。

 

今後、瞬間移動はバトルでは使わず、移動技という扱いになるのかも?

か、かあさーん!

今回、悟飯が「ドラゴンボールは回収してるから地球のダメージは気にせずハデにやっていいよ」的な発言してたのが印象的でした。

 

このセリフは、セル編の悟空と逆になってて面白いですね。

 

クソマァ!

悟空とモロの闘いが開幕するその時、ピッコロさんが

「いよいよ始まるぞ…地球…いやこの宇宙をかけた闘いが…」

的なことをイッてましたね。

 

悟空が負けたら終わりみたいな言い方が少し印象に残りました。

 

これはピッコロさんがベジータさんを見直す展開くるんじゃないかと思います。

 

ベジータ

今回は数話ぶりにベジータが登場。

 

モロが戦い始めたけど、カカロットが闘ってるからまあええか…な感じで修行続行するようです。

ベジータは冷や汗を垂らすわけでもなく、割と落ち着いた表情で冷静でしたね。

 

すでにボス戦終盤の「お願いカカロット」モードに入っているように見えました(笑)

 

次回のあらすじ(60話)

▼60話のあらすじはコチラ。

【ドラゴンボール超:漫画60話、ネタバレ感想】ベジータ「瞬間移動なんか必要ねぇんだよ!」