ラグスがかわいいのでアニメと漫画版の違いをまとめてみた【ドラゴンボールヒーローズ】

ハーツさま一途なラグスが可愛いので、アニメ版と漫画版をまとめました。

アニメと漫画ではラグスの扱いに大きな違いがあります!

 

ん?アーケード版?

なにそれ?

 

アニメ版のラグスについて

↓主な活躍。

 

  • 6話、コアエリアから開放。(セリフなし)
  • 7~9話、未登場。
  • 10話、第11宇宙でのバトルで再登場。ハーツとの合体技で兆し悟空を倒す。兆しが解けた悟空に容赦ない追い打ち。
  • 11話、トランクスの攻撃くらって吹っ飛ぶ。床からガラスで悟空をツンツン。ハーツの指示で第3宇宙へ向かう。
  • 12話、第3宇宙にてメタルクウラの攻撃で岩盤にされる。(戦闘シーンなし)
  • 13~19話、未登場。
  • 20話、未登場。

 

意外と出番ないけど、女性キャラとしては優遇されてる…と言えなくもない…か?

 

ラグスが出るアニメまとめ

ラグスが登場するアニメは6、10、11、12話の4回のみです。

6、12話はセリフすらなくほぼ空気なので、実質マトモな出番があるのは10、11話のみ。

一応、その他の動画でもOPやCM枠にチラチラ登場しています。

 

アニメ版ラグスの強さ

強さが主なステータスとなるドラゴンボールとしては、ラグスは初登場時がピークで、それ以降は評価がグングン落ちていった感じがしますね。

トランクスの攻撃をモロに食らって、あえぎながら吹っ飛んだのが致命的。

 

ですが、彼女はバトル要員ではありません。

ラグスはどちらかというと、タピオンのようなストーリー上で鍵を握るキャラクターなのです。

 

なぜならプロモアニメのCM枠では「宇宙騒乱の運命を握る少女!」などと煽られているからだ!

 

しかし、それがまさかクウラに岩盤にされて以降、一切登場しないとは…。

PVアニメ恐るべし。

 

まあアケ版の宇宙騒乱編では重要なキャラなのかもしれませんね。

ラグスが気になる人はアケ版やれよ!みたいな。

 

ビ…ビッグバンミッションのアニメでは大活躍するはずだから…。

 

ハーツさま好き

ラグスのアイデンティティとしてハーツさま一途というのがあります。

 

で、気になるハーツさまとの関係ですが、これは評価しづらいですね。

描写が少なすぎてよくわからん。

 

相思相愛に見えなくもないですが、セリフ回しの雰囲気からしてハーツに利用されてる印象が強いです。

なぜならアニメ版ハーツは、カミンオレン兄妹やザマスに対してあまり仲間愛のようなものがなく、道具のような扱いをしてるシーンがあるからだ!

 

なのでアニメのハーツとラグスは、夜神月と弥海砂みたいな関係なのかな~と思ったり。

 

漫画版のラグスまとめ

↓主な活躍。

 

  • 6話、カンバーをガラス漬けにして保管。船の移動などを担当。
  • 7話、未登場。
  • 8話、第3宇宙を始末してその科学力を回収。その後第11宇宙のバトルに参戦。ベジータの気弾を盾で跳ね返したり、ベジータの腕をガラス漬けにしたり、ディスポの攻撃を盾で防いだりする。
  • 9話、未登場。
  • 10話、ハーツ様がラグスの作った氷のポッドで移動。ザマスから宇宙の種を奪還。そのままザマスを排除。ついでにトランクスも排除。ハーツ様のピンチに援軍、完成した宇宙の種を渡す。
  • 11話、ハーツ様からピッコロと17号の足止めを任される。有利に立ち回るがコンビプレイの前に敗北。
  • 12話、重症の体でハーツの元へ向かおうとするもオゾットに吸収される。

 

漫画版はアニメより登場回が多く、戦闘描写がかなり優遇されてる印象。

 

もう許せるぞオイ!

漫画版ラグスの強さ

アニメより強キャラ感のある描写が多いです。

 

アニメとの比較としては、

  • アニメ→トランクスとノーマル悟空相手にそこそこ立ち回る。
  • 漫画→17号ピッコロ相手にそこそこ立ち回る。
  • アニメ→トランクスの攻撃で吹っ飛ぶ。
  • 漫画→トランクスをガラス漬けにして無力化。
  • アニメ→戦闘描写もなくメタルクウラに岩盤にされる。
  • 漫画→カミンと二人で第3宇宙を無力化。

こんな感じ。

 

基本的に漫画版はアニメより味方側が優遇されてる場面が多いです。(ベジットブルー界王拳が大猿カンバーと互角だったりとか)

 

ある意味、敵側が劣化しているとも言えますが、ラグスについては上方修正されてるのでかなり優遇されてるっぽい。

 

ハーツさましゅき

ハーツ一筋なのはアニメと同様。

アニメと違うのはハーツ側の対応ですね。

 

漫画版のハーツは、捕縛されたカミオレンやザマスが裏切ったことに対して「そうか…残念だな」とつぶやくシーンがあります。

アニメとほぼ真逆の対応です。

 

もちろん、これだけでは「仲間想い」とは言えませんが、アニメ版よりも柔らかい反応。

 

ラグスに関してはアニメ同様、利用してるっぽい描写もなくはないですが、信頼を寄せてる感じの場面も多いです。

 

有能

「宇宙騒乱の鍵を握る少女」という扱いについては、漫画版でもよくわからんです。

が、戦闘以外の雑用もそつなくこなす有能っぷりを披露。

 

例としては、

  • カンバーをガラス漬けにして保管。
  • 船がガラスでできてるっぽい。
  • 船動かしたり、氷のポッド作ったり。
  • ハーツを出し抜くザマスから宇宙の種を奪還。
  • ハーツ様のピンチに登場。

このような状態。

 

ガラス化の能力を戦闘以外にも活かしたりなど、かなり工夫・優遇されてる感じです。

 

個人的に漫画版で好きなのは、

  • あまりでしゃばらない
  • 敬語も使う

という部分。

 

まず、カミンやオレンたち仲間と共闘するとき、あまりでしゃばらず、自分の能力がサポート向きだと理解してる描写があります。

 

また、アニメ版ラグスはハーツ様にタメ口一択なのに対して、漫画版は敬語も使っています。

 

このへんが優秀な部下感あって好きです。

 

  • アニメ版ラグス=ドドリアさん
  • 漫画版ラグス=ザーボンさん

みたいなイメージ。

 

まとめ

  • アニメ版ラグス→よわい
  • 漫画版ラグス→つよい有能

 

ラグス好きな人は漫画版の単行本2巻は絶対買いましょう。(2020年内には出るはず)

 

今後の展開ですが、ビッグバンミッションでは「宇宙騒乱の鍵を握る少女」というワードが重要になるのではないかと思います。

ただ、アニメ版はオゾットが出てないので、ラグスはもう出てこないのではないかという不安も(笑)

 

ですが漫画版はそのへんしっかり回収されるんじゃないでしょうか。

 

あとは、ビッグバンミッション終盤で、大ダメージを食らったオゾットが口からラグスを吐き出す展開、あると思います!