純粋ブウと悪ブウの強さはどっちが上か?【ドラゴンボール】

みんな大好き「純粋ブウvs悪ブウ」強さ議論について考察しました。

ブウブウ論争に終止符を打ってやるよオラァ!

 

Vジャンプの情報

とあるVジャンプにて「悟飯吸収ブウ=超3悟空」だった事が明らかになりました。

 

つまり「純粋ブウ=悟飯ブウ=超3悟空>>ゴテンクスブウ>>悪ブウ」という事になりますね。

 

▼ランクにするとこう。

SS 純粋ブウ
S 越えられない壁
A 越えられない壁
B 悪ブウ

 

議論の余地は皆無です。

 

 

しかし「悪ブウの方が強い」と言っている人が多いのも事実。

 

実際、Vジャンプや超全集などの公式本はミスも多くアテにならない事も多いです。

そして、原作の描写やセリフ等によっては、悪ブウの方が強いと見れる可能性も秘めています。

 

なので、もうちょい詰めて考察していきます。

 

気が増えてるんじゃねえか?

「悪ブウ→南の界王神ブウ→純粋ブウ」と変化した時のカカベジのセリフに注目。

ここは意見がかなり別れやすい縦割れポイントです。

 

▼具体的なセリフの流れ。

「おいベジータこれ気が増えてるんじゃねえか!?」

「えらくごついのに変わっちまったな」

「まだ変化するつもりだぞ」

「ずいぶん縮んじまったぜ」
「やったな。あれなら何とかなるかも知れねえぞ」

 

セリフの流れから「超3悟空でも倒せる程度の強さに弱体化した」という風潮があります。

 

ですが、カカベジのリアクションを見ると、最初に増えた気はそのままで体が縮んだだけです。

また「増えた」に対して「縮んだ」というのはちょっと表現としては違う感じがしますね。

 

 

それと、サイヤ人は相手を見た目で判断することが多いです。(特にベジータ)

例えば、最終形態フリーザを見たときのベジータのリアクションが「何か小さいぞ」って感じだったり。

完全体セルを見た時のベジータが「大したことは無さそうだ。大きさも前より縮んでやがる」と言ってたり。

 

彼らの大猿形態から察するに、「デカい=強い」という認識が強い種族なのだと思います。

フリーザ様に「猿野郎」と罵られるのも頷ける話です。

 

しかし、あれほどの上半身に比べて下半身が貧弱過ぎる形態になられたら、気のデカさなんて忘れてしまうのも事実。

 

ですので、カカベジは最初にブウの気が増えていることに関しては、見た目の変化に気を取られ完全に忘れています。

その上で「あれなら何とかなるかも知れねえぞ」と言ったことになります。

はっきり言ってアホです。

 

ですがこれに関しては、仕方ないですね。

「気の大きさを感じ取れる」というのが、作品の演出・展開的に障害になってる気がします。

 

フルパワー完全体セルvs少年超2悟飯のときも似たようなことがありました。

 

吸収によってパワーを減らした

こちらはキビト神のセリフです。

ここもかなりの縦割れポイント。

 

「吸収によってパワーを減らしてまで手に入れた心がまた元に戻ってしまった」

 

これはシンプルに捉えると、「大界王神を吸収してパワーダウンしていた。」となります。

 

ここのキビト神のセリフの前後を見ると、「自制心がなくなって厄介になった」ことも言っています。

ですが、「吸収によってパワーを減らした」の部分が覆ることはありません。

 

結論、まとめ

▼まとめ

  1. Vジャン情報では純粋ブウの方が強い
  2. 純粋ブウは悪ブウより気がでかい
  3. 吸収によってパワーを減らした

 

▼結論

純粋ブウ>>>悪ブウ

 

 

純粋ブウはラスボスです。

だから悟飯吸収ブウより強くてもしょうがないんです。

いわゆる大人の事情ってやつ。

 

ちなみに、ここでは原作のみで考察しました。

アニメはしょせんアニオリって風潮ありますし、そこ考察に入れるとややこしくなるんで。

 

あ、これかぁ!(探してたあの考察)

こっから下は記事が長くなるのでカットした部分です。

ネットで探したネタを詰め込んだので、もしかしたら”探してたあの根拠”が見つかるかも知れません。

 

悪ブウはとても敵わない強さ

悪ブウ体内での悟空のセリフです。

悪ブウが強いとする場合、もっとも有力な根拠として出されるのがこちら。

 

「いくらブウがパワーダウンしたと言っても、それでもオレたちにはとてもかなわない強さなんだぞ!このまま外に出たら絶対にやられちまう!」

 

 

で、実際このセリフには違和感がまったくありません。

なぜなら、Mベジ=超2悟空では全く歯が立たないデブブウよりさらに強くなった悪ブウ相手に、もしかしたら勝てるかも知れんとピッコロさんに言わせた超1ゴテンクスが超3になってようやく互角に戦えるのが悪ブウの強さなのですから。

つまり、超1ゴテンクス>>超2悟空なわけで、超3ゴテンクスと超3悟空ではさらに天と地ほど差があるわけです。

 

つまり、悟空のセリフの通り、悪ブウ相手には超3悟空と超2ベジが二人がかりで戦っても全く勝ち目はありません。(とても敵わない)

 

また、描写でも明らかに「悪ブウ>>>悟空」なんですよね。

悪ブウが目の前に現れた時のカカベジの怯え方、焦り方。

明らかに勝ち目のない敵が現れた時の詰んだ戦士のそれです。

 

 

ですけども!

  • 実は超3悟空がメチャクチャ強かった
  • 単体サイヤ人とフュージョン時では変身パワーアップ倍率が違う

こういう事にすれば、一応の辻褄は合います。

 

▼それと以下のような考え方もあります。

  1. ベジータのプライドに気を使った
  2. 悟空がベジータとフュージョンしてみたかった
  3. 超3は消耗が激しいので無難に合体を望んだ

 

実際、①については純粋ブウ戦で同じ発言があります。

 

つまり、悟空が「悪ブウにはとても敵わない」と言ったのは、ベジータに気を使ってたというのが有力かと。

なので、悟空がブウの体内で悪ブウにビビりちらしたり、ゴテンクスブウにビビりちらしたりしてたのは、すべて演技だったということですね。

 

夜神月かお前は!

 

後から出てきた敵の方が強い

結局これ。

 

悪ブウより純粋ブウの方が後から出てきたので、純粋ブウの方が強いのは当たり前です。

 

でも純粋ブウの方が強いことになった場合、ぶっちゃけ作中のセリフや描写にかなりの矛盾が生じます。

ですが、「実は超3悟空がめっちゃ強かった」とすれば大きな問題にはならないんですよね。

 

純粋ブウにはラスボスとしての格がある

純粋ブウは、十分ラスボスとしての風格があります。

ヘタすると悟飯ブウよりも。

 

やはり、ドラゴンボールのラストバトルとしては、純粋ブウが悟飯吸収ブウより強い方が盛り上がります。

 

悪ブウ>>>超3悟空

私個人の考えでは、純粋ブウが登場するまでは明らかに「悪ブウ>>>超3悟空」でした。

 

純粋ブウ登場後は、「悟空が悪ブウにとても敵わないと言っていたのは無かったことにしてください」という風になってるとしか思えない。

 

↓つまりこんな感じ。

 

▼純粋登場前
SS 悟飯
S 悪ブウ 超3ゴテンクス
A 壁
B 純粋ブウ 超3悟空

 

▼純粋登場後
SS 純粋ブウ 悟飯ブウ 超3悟空
S ゴテンクスブウ
A 悟飯
B 悪ブウ 超3ゴテンクス

 

確かに、純粋ブウが悟飯吸収ブウより弱いと、DB的にもストーリー的にもアレな気がします。

でも最後に悟空とベジータが共闘してるのが胸アツ展開なので、「強さ」とかは正直どうでもよかった。

 

台無し

個人的には、「結局悟空が最強だった!」という展開よりも、新世代が悟空を越えた方が熱いと思います。

 

  • 超3になったゴテンクスを見て悟空が感動するシーン
  • 悟飯がアルティメット化して悟空が感動するシーン

あれ、明らかに新世代の戦士が悟空を越えたって感動するシーンですよね。

 

結局、超3の悟空が最強なんだったら、あのシーンの感動は何だったのかと。

 

頑張れカカロットお前がナンバー1だ

こちらはベジータのセリフです。

 

「アル飯>超3ゴテンクス>>>>超3悟空」とした場合、ベジータのセリフが締まらないです。

といっても、このセリフも解釈しだいでどうとでも取れますが。

 

なのでまあ、単体は悟空最強でいいんじゃないですかね。