【ボルトSD:漫画14話】スミレ委員長のバレンタイン【最強ジャンプ】

2020年12月23日

最強ジャンプBORUTO-SD14話、バレンタイン回のあらすじ感想です。

単行本3巻に収録されています。

 

14話のあらすじ

委員長がボルトにチョコを作る(ハート型)

はわわ緊張して渡せない

そうこうしてる間に猪鹿蝶の訓練に巻き込まれる

スミ「うぎゃあああ手がァァーー!!」

チョコ砕け散る

(ハート型の)原型ないやん

ボル「うん!おいしい!」

委員長こわれる

 

おまけ回なのでページ数は少ないです。

 

14話の感想

冒頭の流れが一番おもろい。

 

黒スミ「ふふ…ついにこの日が来た…バレンタイン…! このチョコをボルトくんに渡す…!(キリッ)」

…数分後…

スミ「はわわわわわわ(緊張で足ガクガク)」

スミ「((ボルトくんにチョコ作ったけど…これはあくまでお世話になってるから…! 本命とかじゃなくお世話になってるから渡すだけなの!!))」

 

何だよその言い訳w

可愛いすぎるだろw

 

漫画とアニメもこれくらい攻めていけ。

 

 

それと、委員長が猪鹿蝶と鵺に手挟まれちゃうシーン。

チョコが砕けちって黒スミモード移行でマジギレするわけですが、挟まれた手が真っ赤でパンパンになってるのほんと草生えますよ。

 

あと思ったのは、委員長がヒナタポジなら、単行本一冊につき1話くらいはこんな感じでスミレ回がありそうかなって感じ。

 

 

▼ジューンブライド回のあらすじはコチラ。

「引用:boruto saikyo dash generations14話/岸本斉史・池本幹雄・小太刀右京・平健史・集英社」