【ボルト漫画48話、ネタバレ】果心居士が仙人モードを発動!

2020年12月23日

BORUTO48話あらすじ感想です。

居士の仙人モードが発動! そしてイッシキの右目の瞳術の詳細が明らかに!

前回のあらすじ(47話)

イッシキvs果心居士。

居士がイッシキを追い詰め、ジゲンの体で強制転生させることに成功。

カワキの楔が解除される。

転生イッシキの反撃で居士の仮面が割れ、自来也のクローンだという事が判明。

 

▼詳しいあらすじはコチラ。

48話のあらすじ

タイトル:タイムリミット…!!

扉絵:左手をポケットに入れ、右手の楔を構えた決め顔のボルト、刻まれた<運命>の先へー

煽り1:☆果心居士vs大筒木イッシキ、佳境へーー!!

煽り2:「殻」幹部果心居士。その正体は伝説の三忍・自来也のクローンだった…!!

 

 

無表情でゆっくり近づいてくるイッシキに対し、ありったけの火遁を撃ち込んでいく居士。

 

しかし瞬く間に炎を縮小され、時間稼ぎにすらなりません。

 

居士「ジゲンの時とはケタ違いの力だ…!ならば…!」

 

ゾバッ!

 

居士「乱獅子髪の術!!!」

 

ドシュルルルル!

 

スクナでは縮小できない”髪”を巻きつけ、イッシキを拘束したまま攻撃を叩き込む。

 

「やったか?」と思われましたが、居士の肩には体育座りを決め込むイッシキの姿が!

 

イッシキ「無駄だ…何をしても。お前にオレは倒せない。決して」

 

居士は髪をハリネズミのように逆立たてて攻撃。

しかし手応えなし。

 

イッシキ「すさまじい”力”が全身にみなぎっている。 だがそれ故にこの力がこの体を破壊するのも時間の問題だ。 せいぜいあと2~3日の生命といったところか」

 

居士「もうお前は転生できない。ここで決着をつけさせてもらう」

 

イッシキ「果心居士…お前の役目はもう終わっている。 ジゲンからオレを引っ張り出した時点でな」

 

居士「無駄話は終わりだ… 参る…!」

 

ズズズ…

 

居士の目の周りに赤い隈が出現。

 

イッシキ「フン…仙人モードか…」

 

再び火遁をパなしまくる居士。

しかしスクナの縮小能力の前には無力。

 

居士「スクナヒコナは『瞳術』…! つまり対象を見ることで力を発揮する。 ならば…!」

 

五火神焔扇!!!(ごかしんえんせん)

 

居士は自分の周りに特大の炎を呼び寄せる。

 

イッシキ「炎炎また炎…!芸がないぞッ果心居士!」

 

バシュウッ!

 

炎を縮小させたスキに、イッシキの死角から居士が攻撃を仕掛ける。

 

居士「芸がないのはお前の方だッ!」

 

ズォッ!

超大玉螺旋丸!!!!!

 

居士「さあ…引き裂かれるか、焼かれるか…好きな方を選べッ!」

 

追い詰められたイッシキは、右目を展開させて能力を発動。

 

ドガンッ!

 

ドンッ!

ズンッ!

 

突如、居士の体が巨大な石柱に押しつぶされる。

 

居士「…何…だと?」

 

3本の巨大な石柱によって、居士は左腕と脇腹と足をガッツリとやられました。

 

イッシキ「…秘術『大黒天』…。 縮小したものを保管しておけるんだ。 時の止まったどこかの異空間にな… そしていつでも自由に取り出せる」

 

イッシキは上着を出現させてみたり、グラスワインを出現させたりして、身動きの取れなくなった居士を楽しませます。

 

石柱の下敷きになり、完全に詰んでしまった果心居士。

カエルを口寄せして撤退します。

 

逃げる居士を対して気に止めず、次の行動に移すイッシキ。

 

イッシキ「待ってろよカワキ…今行くぞ…」

 

イッシキさんは時空間忍術でワープを開始しました。

 

 

その頃、火影屋敷の取調室では、ボルトが駄々をこねていました。

 

ナルト「ダメだ!!絶対ダメ!!」

ボルト「何ンでだよ!!オレだって戦えるつーの!!」

 

ナルトの主張は、敵が強すぎるからボルトがいたら足手まとい。

ボルトの主張は、前回のジゲンより強くなったイッシキを相手にする親父たちが心配。

 

サスケ「ボルト。 オレはいつだって死ねる。 木ノ葉のために。 ナルトもそうだ。 常にその覚悟がある」

 

ボルト「……おっちゃん…」

ナルト「おいサスケ…!」

 

サスケ「お前はどうだ? 死ねるか。 里のために」

ボルト「……オレは…」

 

ここで、いのさんから通信が入ります。

 

いの「ナルト聞こえる? 敵襲よ! 里上空に1名! チャクラデータ該当なし!」

 

ナルト「…クソッ! もうお出ましかよ!」

 

眉間にシワを寄せてボルトを凝視するサスケと、サスケの問いかけに焦るボルトの神妙な表情で締め。

 

煽り:大筒木イッシキ電撃襲来…!! ボルトの覚悟、そしてカワキの運命はーー!?

 

49話はこちら。

48話の感想・考察

伝説の三忍、自来也のクローン果心居士の仙人モード発動
「引用:Vジャンプ2020年9月号 BORUTO-NARUTO NEXT GENERATION ナンバー48/岸本斉史・池本幹雄・小太刀右京・集英社」

 

四次元ポケットなんか必要ねぇんだよ!

瞳術スクナヒコナやべえええええ!

 

瞳術開放シーンの眼の展開がかっけえええ!

 

でもやっぱイッシキの小物臭がすげええええ!!

やってる事が全体的に小ぢんまりした感じなので、ペインみたいに木ノ葉吹っ飛ばすくらいの器見せた方がいいんじゃないですかね。

 

 

まあそれはともかく、万華鏡っぽいのから発動する「大黒天」めっちゃ便利ですね。

デルタさんに蹴っ飛ばされたお食事テーブルセットとか、大黒天(四次元ポケット)から新しいの取り出してたんですねえ。

ようやく謎が解けました!

 

 

あと、大黒天の説明なんですが…。

「縮小したものを保管しておけるんだ。時の止まったどこかの異空間にな…」

本人もよく分かってない感じが何かシュールで笑えました。

 

シズクのデメちゃんかお前は!

 

果心居士について

居士については、ちょっと戦闘を引っ張りすぎな気もしますね。

「居士が勝てるわけない」と頭で分かっているので、消化試合みてる印象が強いです。

 

ですが、イッシキの能力の片鱗、攻略のヒントを見れたのでイッツグー。

 

ナルサスに丸投げ

アマドがイッシキの討伐をナルサスに丸投げしてるのが気になりました。

 

この人自身にもイッシキに対抗する手段を何かしら持っていると思うんですがねえ…。

もしイッシキ対策ノープランで亡命してきたのであれば、それはそれで面白いですが(笑)

 

そもそも、アマドの予定ではナルトはまだ棺の中に囚われていて、ボロに監視されてるはずなんですよね。

 

ボルトの覚悟

里のために死ぬことを常に覚悟してるサスケ師匠マジかっけーっす。

 

クロロかお前は!

 

団長!私達には、まだあなたが必要です…。

 

サスケは、モモシキ戦の前にも「己の忍道」を考えさせたりとか、かなり教育者っぽいとこがありますね。

 

 

で、ボルトの覚悟についてですが…。

父親のナルトがそうだったように、目の前の仲間を護るためなら死ねる!とか言いそうですね。

かなりベタなところで。

 

アニメ版とかはそういう色が強いように思います。

 

カワキについて

ボルトに抱きかかえられるカワキさんマジヒロイン。

 

今のイッシキなら、クソデカ隕石をゲインして、里まるごと人質にするくらいはやってきそうです。

割とあっさりカワキをゲットする可能性は高いですね。

 

数年後には、またカワキに楔がついてるわけですが、やっぱ今回また楔つけられちゃうんでしょうか。

 

 

49話の展開予想

  • コードさんの定時連絡
  • 3年後に話が飛ぶ
  • アマドさんの切り札発動
  • ボルト覚醒

 

次回はボルトの覚悟を問うという重要な回になりそうです。

カワキはもちろんのこと。

今回1コマも姿を見せなかったスミレとか。

なぜか取り調べにハブられてるサラダ&ミツキとか。

 

仲間たちとの絆が、イッシキ襲来イベントでガッツリと深まるんじゃないでしょうか。

 

アニメとは違い、漫画では空気がちだった濃厚ボルミツ展開が見れるかも知れない。

 

 

次号はVJ10月特大号、8月21日(金)発売!!

 

「引用:Vジャンプ2020年9月号 BORUTO-NARUTO NEXT GENERATION ナンバー48/岸本斉史・池本幹雄・小太刀右京・集英社」