【ボルト漫画47話、ネタバレ感想】果心居士の正体が判明!「その男の鼻の横には葡萄ほどの…」

2020年12月23日

漫画版BORUTO47話の感想です。

今号でようやく果心居士の正体が判明!

 

居士の仮面が割れ、その素顔が明らかになります。

なんと、その男の鼻の横にはぶどうほどの…

 

前回のあらすじ(46話)

楔(カーマ)とは、小さく圧縮された「大筒木のバックアップファイル」だった!

 

圧縮ファイルは、時を経て徐々に解凍されていく!

全解凍されると、ボルトの体はモモシキのデータで上書きされて完全消滅してしまう!

 

そうやって大筒木は復活を遂げるにシステムになっていたのだ!

 

大昔、突然カグヤの反逆で下半身が吹き飛ぶという致命傷を負ってしまった大筒木イッシキ!

仕方ないので、通りがかりのオッサン(ジゲン)の耳の穴から寄生し、生きながらえていた!

 

ジゲンは器として貧弱なので、本命のカワキに楔を打ち込んだイッシキ!

本来のイッシキの力は強大なので、もしカワキの体で完全復活したらこの世は終わりです!

 

一方、ガス欠イッシキvs反逆の果心居士は大詰めを迎えていた!

楔では吸収できない炎を口寄せされ、絶体絶命に陥ったイッシキ!

 

アマド「ではお待ちかね!君たちに大筒木の倒し方を教えてあげよう!」

 

▼前回のあらすじはコチラ。

 

47話のあらすじ

タイトル:宿命

扉絵:カワキ、乾かざる意思

煽り:★vs大筒木イッシキ、真実を巡る激戦ーー!!

煽り2:今ここで大筒木イッシキを”殺す”!!火焰山の真火が猛威を振るうーー!!

 

ゴォオオオオオ!!

楔では吸収できない炎を口寄せされ、イッシキの周りはド派手に燃え盛っていた。

イッシキ「アツゥイ!」

 

これはさすがに「やったか!?」と思われたが

イッシキは、炎を縮小することで何とか凌いでいた。

 

アマド解説「少名毘古那(スクナヒコナ)はほぼ何でも小さくできる」

「元に戻すのも一瞬」

「ただし生物だけは例外」

「本人は小さくなれるけど他の生物を小さくすることはできない」

シカマル「えげつない能力ですね」

 

 

ガクッ!

腹部のアレがさらにひび割れ、膝をついてしまうイッシキ。

イッシキ「ジゲンの体がもう限界。チャクラも無くなっちゃた」

 

ボゴゥ!

縮小できなくなった炎が再び燃え盛る。

イッシキ「ウワー」

 

ナルト「やったぜ」

アマド解説「残念だけど、大筒木がくたばると器への転生が自動で開始されます。器が黒コゲでも転生は問題なく行われます」

サスケ「ですよね」

 

 

ジゲンおじさんへの転生が始まった瞬間、カワキくんの体に異変が起きました。

カワキ「うおおおおおお!」

自動的に楔が全身に浮き出てオーラを纏います。

 

 

カワキ「ぉおおおおおおお!!」

バシュンッ!

 

楔の暴走が突如収まり、体全体から楔の模様が消え失せました。

そして何と、カワキくんの左手から楔◆のマークが消えているではありませんか。

 

アマド解説「大筒木が転生する際、他の器に刻んでおいた全ての楔が消滅します。」

シカマル「…!」

 

アマド解説「そうです。今イッシキは転生するための器を一つも持たない状態です。つまり今なら不死身の大筒木を倒せるってことですよ!」

 

 

バシュウッ!

転生したイッシキが炎を一瞬で縮小しました。

果心居士「すごい力だ」

 

消化作業によるモクモクが収まり、転生したイッシキが姿を現しました。

胸にはたくさんの勾玉マーク、右頭には角、左目には白眼、右目には万華鏡っぽいの、顔はフリーザっぽい凄みのある雰囲気。

ラスボスらしい出で立ちです。

 

果心居士「…ようやくお目にかかれたな…大筒木イッシキ…!」

 

バシュンッ!

ドシュ!

バシュゥッ!

 

目につくもの全て、手あたり次第に縮小していくイッシキ。

 

偵察ガエル「ギッ!」

モニターの役目を果たしていたカエルがやられ、ナルトたちはバトルの続きを見ることができなくなりました。

 

ナルト「大丈夫なのか?果心居士は」

アマド「作戦は成功した。居士は十分に役目を果たした」

 

果心居士を捨て駒あつかいするアマドに、ナルトは納得いっていない様子。

ナルト「何かよう分からんけど彼がとても気になります」

 

 

イッシキは、居士の仮面を睨みつけます。

ビシィッ!

ピシ…

 

居士の仮面が縮小し、ヒビが入っていきます。

居士「…う!…く…!!ぐぁぐ…!!」

 

 

イッシキ「アマドはすがりたかったのだ…あの男の強い宿命に…」

「変革の僅かな可能性に…」

 

バリィン!

 

仮面が砕け、果心居士の素顔が明らかになります。

 

「伝説の三忍、自来也のクローン果心居士…」

「ここで死ぬこともまた、その遺伝子の宿命だ」

 

 

煽り:遂に顕現した大筒木イッシキ。一方、「宿命」を背負ったその素顔がーー!!

 

▼48話のあらすじはコチラ。

47話の感想と考察

今号の目玉は主に2つ。

果心居士の正体と、転生した大筒木イッシキの姿です。

 

居士の正体については、かなり引っ張られましたが、概ね予想通りではないでしょうか。

自来也のクローン果心居士
「引用:Vジャンプ2020年8月号 BORUTO-NARUTO NEXT GENERATION ナンバー47/岸本斉史・池本幹雄・小太刀右京・集英社」

 

今後の扱い方に期待ですね。

 

便乗

アマドが、自来也の「強い宿命」「変革の可能性」に便乗したかったという部分が気になりました。

 

ただ単に強いキャラをクローンで手駒にするよりも、特殊な補正のかかったキャラをコマにした方が捗るみたいな感じでしょうか。

 

トリコでいうとアマドは”食運”が貧弱なキャラみたいな?

 

 

 

居士については、ナルトが気にかけている事と、師匠のクローンというただならぬポジなので、今後もしばらく生きながらえて活躍するのではないかと思います。

 

ジゲンおじさん転生イッシキ

ついにイッシキが転生を果たしました。

 

ジゲンが転生して大筒木イッシキになった
「引用:Vジャンプ2020年8月号 BORUTO-NARUTO NEXT GENERATION ナンバー47/岸本斉史・池本幹雄・小太刀右京・集英社」

 

強そうなボスキャラの風格ありますね。

ただ、ラスボスお披露目には早すぎる気がします。

 

なので、これが最終形態ではないのか。

それともまだ出てない黒幕的なボスがいるのではないかと思います。

 

 

今回、イッシキは転生は果たしました。

しかし、アマドの話によるとジゲンの器では体が持たないので、このままだとイッシキは数日でくたばるらしいです。

 

仮に居士の耳から入ってまた寄生したとしても、数日で詰むことに変わりはないでしょう。

そもそも今号最後のセリフから、イッシキは居士を始末する気マンマンに見えます。

 

また、居士にもデルタと同様に「緊急停止プログラム」が施されているらしいので、イッシキが居士の体に寄生するにはリスクがあるはず。

 

 

とりあえず、今出てる情報でイッシキが生き残るには、誰かに楔を刻むしかないですね。

かなり見苦しいですが、そこらへんの人たち手当り次第に楔刻んどけばいいんじゃないでしょうか。(ボマーが爆弾設置するノリで)

 

 

というか、アマドが「今がイッシキを倒せるチャンス」と言っていますが、とても無理では?

ジゲンおじさん寄生イッシキですら、ナルトサスケが赤子扱いされてたのに。

 

今の転生イッシキは、アレとは比べ物にならんほど強いようですし。

なんか転生してチャクラも回復したような感じだし。

 

君たちに大筒木の倒し方を教えてやろう!(倒せるとは言ってない)

 

【悲報】少名毘古那さん、強すぎる

生物以外は何でも縮小できることが判明したクソチート秘術、スクナヒコナ。

 

あまりにも強すぎます。

超大玉螺旋丸だろうが草薙の剣だろうがサラダの眼鏡だろうが、縮小されたらクソの役にも立ちません。

 

もちろん、相手の衣服を縮小させて恥ずかしい姿で戦わせる事も可能です。

 

一応、弱点?として「スクナヒコナ発動中+楔の忍術吸収中は素早い動きができない」というのがあります。

なお、その弱点を突かれた場合は時空間移動で逃れるという芸当もできる模様。

 

 

あと、今回転生したイッシキの描写から察するに、右目の万華鏡っぽいのから発動していたようです。

転生前は普通に手をかざして発動していたように思います。

 

 

それと、左目の白眼は他の大筒木たちと同様ですが、右目は新しい瞳術なのかも知れません。

また、マダラやカグヤのように額から第三の目とか出てくる可能性もありそうです。

まだまだ底が知れませんね。

 

ただ、イッシキは過去に不意打ちでカグヤにやられたというシュールな経歴があるので、完全体になったとしても割と何とかなりそうな気もします。

 

ただ、転生前の寄生体ですらナルサスが手も足も出なかったのも事実。

 

ボルトくんの楔はどうなる?

イッシキの件でスルーされがちですが、「主人公ボルトの楔をどう取り除くのか?」については、まだ説明がありません。

 

イッシキの件が最重要なので、作中での回答が後回しにされる可能性は高いですね。

 

まあぶっちゃけ、モモシキが転生してもナルトサスケのコンビで倒せるのであまり危機感はないです。

モモシキのデータに上書きされて、ボルトの存在がこの世から消え去りますがw

 

 

で、ボルトキュンの楔攻略については、科学忍具班のカタスケ&スミレたちの役目となるでしょう。

 

そうだと言える具体的な根拠は特にないですが、しいていうならオレの勘です

だらしない考察ですまない…

 

この件に関しては、46話でアマドが「手立てはない」と言ってるんですよね…。

 

一応、ちゃんとした楔攻略の鍵としては、百豪の術◆の件があります。(9巻参照)

これ、イッシキ襲来でうやむやにされてて、作中でまだフラグ回収されてないんですよね…。

 

  • 百豪の術の歴史はとても古くて分からない部分が多い(大蛇丸回答)
  • 大昔、六道仙人がいた頃から存在する術らしい(サクラ回答)

 

今の時点では詳しい事は分かっておらず、詳しい回答は綱手様に委ねられています。

 

じゃあ、もし綱手様からも有効な回答が得られない場合はどうなるか?

今出てる情報でアテになりそうなのは、アニメでチラチラ出ているトネリさんですかね。

 

唯一味方ポジの大筒木ですし、淨眼の件も含めて月に話を聞きに行こうぜ!(笑)

 

今後のカワキの扱い

とりあえず楔がなくなったので一安心です。

楔を通してイッシキがワープしてくるマジキチ生活からはめでたくオサラバ。

 

といっても、今後もイッシキの器として狙われ続けることは間違いないでしょうが…。

 

 

それと、楔がなくなったことでカワキ単体の戦闘能力が大きく半減しました。

なので、火影の弟子ルートで忍者として頑張っていくのか。

それとも、科学忍具班のお世話になるか…。

 

これに関しては、最近何かとカワキキュンを気にかけてくれているサラダちゃんが何かリアクション取ってくれるのではないかと睨んでいます。

 

 

48話の展開予想

  • イッシキが居士の耳から侵入
  • 居士に楔を刻んでおく
  • コードさんの定時連絡
  • ナルトが居士に助太刀
  • カワキを狙って転生イッシキが木の葉を攻めてくる神展開
  • いきなり3年後に話がぶっ飛ぶ

 

何となくですが、次号もあまり話が進まない気がしますね。

 

個人的には、カワキの楔が消えてとりあえず安心したので、ボルトの楔をどうするのかに話をシフトしていただきたいです。

 

毎回、アマドさんが知らないネタを小出しにしてくるので、まだ隠されたネタは多いと思います。